■ ココ太(8才) と モモ太(6才) ■














阪神淡路大震災の時に作られた、復興の歌、「しあわせ運べるように」。

この歌に、ふるさとバージョンがあることを、
息子に教えてもらった。
















母ちゃん、この歌聞くと、泣くから・・・。




百回聞いたら、百回泣くから。


20年経っても、泣くから・・・。











あれから、20年が経って・・・。
自分の子供が、この歌を歌っています。






なんだかもう、本当に、胸がいっぱいで。

言葉にならない・・・。












しあわせ運べるように
(ふるさとバージョン)


地震にも負けない
強い心をもって
亡くなった方々のぶんも
毎日を 大切に 生きてゆこう

傷ついた 「ふるさと」を
もとの姿に もどそう
支えあう心と 明日への希望を胸に

響きわたれ ぼくたちの歌
生まれ変わる 「ふるさと」のまちに
届けたい わたしたちの歌
しあわせ運べるように


(「しあわせ運べるように」公式サイト)









阪神淡路大震災から、20年が経ちました。

今日は、1月17日です。


いつも、この日を迎えると、

毎日を大切に生きているかと自問して

胸を張って答える自信はなくて、うつむいてしまう。

それでも、この日を迎えるたびに、強く願います。


どうか、毎日を大切に 生きてゆけますように。