■ ココ太(7才) と モモ太(5才) ■




季節は、ちょっと前の話になりますが・・・。










大パニック・・・。






なにしろ、

久しぶりの、G登場でしたからね。


ココ太が生まれてから、初めてくらいでしたから・・・。







我が家の装備は、こんなもん・・・。









まともに戦えるわけがないっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)




まぁ、何があるからと、

Gとまともに戦うメンタルなんか、

私には備わってないわけだが・・・。



ただそこに居るというだけで、

これほど恐怖を与える存在が、あっていいものなのか・・・?(゜д゜;)

(ガクガクブルブル・・・)






しかし!

ここでじっと助けを待ったとしても、

我が家には誰も帰って来ません。


助けに帰って来る人は、いません。

(大事なことなので、二回言いました。)








自分達でなんとかしなければっ!!!

(先の見えない戦い・・・。)




ぐおおおお、泣きたい・・・。


でも、私がなんとかしないことには・・・(>△<)






激闘、数十分・・・。ちょうどゴミ箱に入り込んだので。








上から、ビニール袋を・・・・・・っ!!!










かぶせたところで・・・・・・・・・・・・・。









母ちゃんのHPがゼロに・・・。

(マジ泣き。)








見かねたココ太が、後は任されてくれました。

(捕獲からゴミ出しまで。)





なんて頼りになる、素敵過ぎるぜ兄貴。


ありがとう、ココ太ー!


これからも、よろしく頼むぞーっ!








そして、この落ち込みようである・・・。







いいのよ、モモちゃん・・・。


母ちゃんだって、

最後は戦闘放棄したんだもの・・・。



でも、次に出た時は、お願いね・・・。
(無茶ブリ。)





たくましい兄貴に見惚れ、落ち込む弟に和んだ。

母ちゃんへの応援クリックはここ。ふーッ。

 ↓↓


人気blogランキングへ


「今日も見たよーー!」の足跡気分で、

ペチっとしてくださると、うれしゅうございますー。


1クリックで10点入ります。
いつも応援ありがとうございますっ!!



*コメントは承認制です。(反映まで時間がかかります。)