■ モモ太のミルク卒業物語(2) ■





前回 の続き・・・。




夜泣きのたびに、

ほ乳瓶ミルクを欲しがる、モモ太。



眠気に負けて、

だらだら上げ続けてしまった母ちゃんですが。


これじゃあダメだと、ようやく決意する。



今飲んでるミルク缶を最後に、

ほ乳瓶卒業させよう!!






まぁ実を言うと、

この決意も、何度目?って感じですが(´-ω-`)

(母ちゃん意志弱ぇーっ!)






いくじょぶ!

今回は本気の母ちゃん。まずはモモ太を説得してみる。






いくじょぶ!

・・・・・・・はい、無理でした!

(諦め早いわ。)











いくじょぶ!

そこで、この人登場。ことぶき姉さん、お久しぶり!

(うちの子達には、「こっちゃんママ」と呼ばれています。)






いくじょぶ!



いくじょぶ!



いくじょぶ!

説 得 完 了 !!




えー!いいのー?

それでいいの?モモちゃーん!?Σ( ̄ロ ̄lll)

(ことぶきおばちゃん恐るべし。)




いきなり、意見が変わったモモ太だけど。



でも夜はまた、何事も無かったように、

ミルク飲むんだろうなーと、私も姉も思ってた・・・が。






いくじょぶ!



いくじょぶ!

ちゃんと約束覚えてました・・・。





泣きながらも、ミルク拒否っ!

なんて・・・なんて偉いの!モモちゃんっ!


母ちゃん感動して、ミルク上げちゃいそうっ!!(>△<)

(アホかっ!Σ( ̄ロ ̄lll))







いくじょぶ!

夜泣きは夜泣きなので、

その後は、わりと大変な夜が続きました・・・。

(母ちゃん頑張った(´-ω-`))



今年の夏は暑かったからねー。
ノドが乾いて起きちゃうってのも、あったと思う。





でも、「ミルク飲まない宣言」をした日から。

モモ太は順調に、ミルクとほ乳瓶を卒業するのでした。








だんだん赤ちゃんぽさは抜けて行くが、身は抜けない!

ムチムチ保ってる、モモちゃんへの応援クリックはここです。

 ↓↓


人気blogランキングへ


「今日も見たよーー!」の足跡気分で、

ペチっとしてくださると、うれしゅうございますー。


1クリックで10点入ります。
いつも応援ありがとうございますっ!!