■ モモ太2才0ヶ月 ■





疲れたり眠くなったりすると、

母ちゃんの耳を触りたがるモモ太。耳フェチ。

過去記事この辺 。)



こころ「ママが好きなの?ママの耳が好きなの?」

モモ太「みみー( ´д` )」


・・・と、無邪気な笑顔で、

母ちゃんを微妙な気分にさせてくれる、彼ですが。

(アホな質問するなと。)



でもね、むやみやたらに、

そこらじゅうの耳を触るわけじゃないの。


父ちゃんや、兄貴の耳は触らないし。

保育園で昼寝する時にも、先生の耳は触らない。



誰の耳でもいいってわけじゃ、ないの。

母ちゃんの耳だから、いいの。(←ここ大事。)






いくじょぶ!
しかし、モモ太が唯一、母ちゃん以外に触る耳がある。



それは・・・・・・。






いくじょぶ!

たんたんの、耳。









いくじょぶ!

たんたんの、耳・・・。

(後ろから両耳。)






いくじょぶ!

たんたんの・・・耳・・・・・・。

(寝かしつけまで出来ちゃう。)





たんたん・・・。

うちに長期滞在する気はないか・・・。


私には、君の耳が必要なんだが・・・(´-ω-`)




耳要員として彼を確保したい!こころ叔母ちゃんへの応援クリックはここ。

 ↓↓


人気blogランキングへ


「今日も見たよーー!」の足跡気分で、

ペチっとしてくださると、うれしゅうございますー。


1クリックで10点入ります。
いつも応援ありがとうございますっ!!