いくじょぶ!!

育児・子育て漫画日記。息子二人のボケが過ぎて、母ちゃんツッコミが追いつきません。

2008年07月

■ 暑中お見舞い申し上げます。 ■ココ太、またしても熱上がる・・・。夏休みの甥っ子たちと、遊び過ぎて、疲れが出てしまったか。とにかく、母ちゃんレーダーが全開で稼働中。片時も離れることを許してくれませぬ。(母ちゃんレーダーの話→過去記事ココ 。)そして、ここ ... 続きを読む




■ 暑中お見舞い申し上げます。 ■





ココ太、またしても熱上がる・・・。





夏休みの甥っ子たちと、

遊び過ぎて、疲れが出てしまったか。



とにかく、母ちゃんレーダーが全開で稼働中。

片時も離れることを許してくれませぬ。

(母ちゃんレーダーの話→過去記事ココ 。)



そして、こころさんといえば、大きい腹に重い体で、

普段の夏より、汗増量。大量。今だけ5倍の還元率。


この時期、

ただそこに居るだけで、暑苦しさを与えられる存在です。



あーーー。

夏はまだまだ続くと言うのに・・・・・・・。





茹だるような日々が続いておりますが。


皆様くれぐれも、

お身体ご自愛下さいますように・・・。








熱中お見舞い申し上げます(´-ω-`;)
 ↓↓




人気ブログランキング。
1クリックで10点入ります。



いつもありがとうございますー(≧w≦)





■ たんたん 3才9ヶ月 ■たんたんは、幼稚園でスイミング教室に行っている。そこで先日、ちょうどレッスンの節目で昇級テスト(技術確認)のようなものがあったらしい。その内容は、こうです。プールの底に、置かれたリングを。しゃがんで、取る!要するに。「怖がらず、 ... 続きを読む



■ たんたん 3才9ヶ月 ■




たんたんは、

幼稚園でスイミング教室に行っている。

そこで先日、ちょうどレッスンの節目で

昇級テスト(技術確認)のようなものがあったらしい。



その内容は、こうです。




プールの底に、置かれたリングを。







しゃがんで、取る!







要するに。

怖がらず、水に顔をつけられるかどうか」を、

確認するテストです。





では、たんたんくん、やってみましょう。







さて、困ったぞ、たんたん。



何故なら、たんたん。




顔が濡れるの、超嫌い。





どうする?たんたん?



どうする?

どうする?


どうするのーー??





・・・・・・・・・っ!







・・・っ!!!!!!







足先器用ーーっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)








うん!

取れたわ!完璧に取れたわ!


不可だけどね・・・。






口八丁、手八丁、足八丁で生きていく。

この男への応援クリックは、ここ。
 ↓↓


人気ブログランキング。


1クリックで10点入ります。いつもありがとうございますっ!




■ ココ太1才11ヶ月 ■・・・・・・・・って。「それはこっちの台詞です。」by:犬。(おもちゃ)Sめ・・・(´-ω-`)S父ちゃんと、S母ちゃんの間に産まれた息子は・・・ドSだったのです。って、案の定じゃないのよさーっ! ↓↓人気ブログランキング。クリック!い ... 続きを読む




■ ココ太1才11ヶ月 ■











・・・・・・・・って。







それはこっちの台詞です。

by:犬。(おもちゃ)






Sめ・・・(´-ω-`)






S父ちゃんと、S母ちゃんの間に産まれた息子は・・・ドSだったのです。



って、案の定じゃないのよさーっ!

 ↓↓


人気ブログランキング。クリック!


いつも応援ありがとうございますっ!!




■ ココ太1才11ヶ月 ■近頃・・・。わりと具体的に、何かを要求するようになってきた。電車のDVD見せろとか。(JRの特急電車を延々紹介してる、地味なやつ。)いないいないばぁ!を見せろとか。ていうか、何か見たいばっかりだが・・・。因みに。たんたんの影響で、最近 ... 続きを読む



■ ココ太1才11ヶ月 ■





近頃・・・。

わりと具体的に、何かを要求するようになってきた。




電車のDVD見せろとか。

(JRの特急電車を延々紹介してる、地味なやつ。)






いないいないばぁ!を見せろとか。







ていうか、何か見たいばっかりだが・・・。





因みに。


たんたんの影響で、

最近見るようになった、あんぱんマンは。






オープニング曲だけを、エンドレスリピート。



「いっかい!いっかい!もいっかい!」



ああ、めんどくさ・・・っ!!



巻き戻して再生して、

またすぐ巻き戻して再生して!





母ちゃんは、見たくないよー。

飽き飽きだよー。







いっかい!いっかい!もいっかい!
     ↓↓



人気ブログランキング。

1クリックで10点入ります。

いつも応援ありがとうございますっ!




■ ココ太1才11ヶ月 ■少し前まで、現役で乳飲んでた赤子は、チューペット(冷凍)を食べるのが、異様に上手い。歯なんかなくたって、ぜんぜん平気さ。吸って吸って、吸い尽くせっ!!そうか・・・。吸い方、もう忘れちゃったか・・・。卒乳して、9ヶ月も経つと、あの ... 続きを読む



■ ココ太1才11ヶ月 ■





少し前まで、現役で乳飲んでた赤子は、

チューペット(冷凍)を食べるのが、異様に上手い。




歯なんかなくたって、ぜんぜん平気さ。

吸って吸って、吸い尽くせっ!!










そうか・・・。







吸い方、

もう忘れちゃったか・・・。



卒乳して、9ヶ月も経つと、

あの「下あご使い」が、出来なくなるらしい。



昨年の夏の方が、断然上手に食べてたわー。

 ↓↓


人気ブログランキング。
1クリックで10点入ります。



いつもありがとうございますー(≧w≦)



■ ココ太1才11ヶ月 ■最近ココ太は、ウンチならば9割方、トイレでするようになった。(おしっこは、全然だめ。)どうですか?出ますか?えっ!母ちゃん、外に出てろって?・・・・・・これで、いい?ええっ!ドアも閉めろっ!?母ちゃんのトイレタイムは、全身全霊、 ... 続きを読む



■ ココ太1才11ヶ月 ■







最近ココ太は、

ウンチならば9割方、トイレでするようになった。

(おしっこは、全然だめ。)





どうですか?出ますか?







えっ!母ちゃん、外に出てろって?







・・・・・・これで、いい?






ええっ!ドアも閉めろっ!?







母ちゃんのトイレタイムは、

全身全霊、全力で、邪魔するクセに・・・。

(過去記事参照→これとか 。)






自分は一人ゆっくり入りたいとは、

なんたるジャイアン・・・。






早っ!!Σ( ̄ロ ̄lll)





いいなぁ、快便で・・・。







えっ!またっ!?







いいなぁ、快便で・・・。






これ押すと、快便に。(なりたい。)
 ↓↓



人気ブログランキング。クリック。


いつも応援ありがとうございますーっ!




こちらから→「出産記1。 」「出産記2。 」■ ココ太 出産時の話。 ■そうそう、忘れてました。夫っと。なんと夫っと、産まれるまでの5日間。ずっと、病院に付き添ってくれていたのです。いつも仕事で忙しくて、家に居ないことも多い、彼が。5日間もスケジュールを調整 ... 続きを読む

こちらから→「出産記1。 」「出産記2。






■ ココ太 出産時の話。 ■





そうそう、忘れてました。夫っと



なんと夫っと、産まれるまでの5日間。

ずっと、病院に付き添ってくれていたのです。


いつも仕事で忙しくて、家に居ないことも多い、彼が。

5日間もスケジュールを調整して。



なんだよ、

やれば出来るんじゃねぇか!



・・・なんてことは言わずに、素直に感謝。ありがとう。



へその緒も切ってくれたしね。

(最初怖がって、ものすごく嫌がってたが。)




子供が産まれた直後の、夫婦。







大仕事を終えたせいで、

若干おかしなテンションの二人。

ちょっとした異次元。




しかし・・・。







分娩室のカーテンの向こうで、誰かが泣いている。

すんごい声で、泣き叫んでいる!



なんだなんだ、なんなんだと、思ったら・・・。




ことぶきちゃんでした。



驚くほどの大声で号泣する、妻の姉。




おかげで速効、

現実世界に戻していただいた二人。



夫っと、泣くタイミング逃す。





実は、この時、ことぶきちゃん。


病室で待っている、母と義母に、

産まれそうになったら、教えてね!

との任務を受けて、様子をうかがっていたんですね。



でも結局、お産が終わるまで動けず、

呼びに行くのなんて、すっかり忘れちゃってて、

母二人に恨まれていた。


特に、義母にとっては初孫なので。

ココ太の産声を聞こえなかったは、相当残念だったと思う。



ていうかそもそも、この母二人は、

妊婦さんの気が散るから、お母さん達は部屋で待ってて!」と、

助産師さんに、分娩室から閉め出されてたんだけどね・・・。

(ぐっじょぶ!助産師!)





なんだかんだで、

ことぶきちゃんの涙に、また泣いた私。



その後、落ち着いてから、

ずっと食べられなかった晩ご飯を、一緒に食べた。


髪も洗ってもらった。

ことぶきちゃんがいてくれて、よかった。




そして、ことぶきちゃんは、

この時一緒に食べた、入院食の美味さに引かれ。



三人目(ゆうたん)を、

この病院で産むことになるのです・・・。

(ええ。一番は、そんな理由で。)




そういう私も、今からもう、あの食事が楽しみだ。



ああ、早く産みたい・・・。

(ええ、一番は、そんな理由で。)







だって、ほんとに美味いんだもんね。
 ↓↓

人気ブログランキング。クリック。







*因みに、ことぶきちゃんは、三人とも安産。

王子なんか、4000グラムオーバーだったのに・・・。


ゆうたんなんて、

陣痛が始まったとの連絡を受けて、

私が子供達連れて、病院に向かっている途中に、もう産まれてた。


誰一人、出産に間に合わず。

・・・へその緒、自分で切ってた(笑)。


しかも、例の助産師さんの元、

私がしたかった、「いきまないお産」をやってのけた!


あー。羨ましい・・・(´-ω-`)








* 本日2度目の更新。コチラから→「出産記1。 」■ ココ太 出産時の話。 ■母子手帳に書かれた、「微弱陣痛」「分娩停止」「回旋異常」。数々の辛酸をなめながらも、それでも5日間耐えられた、一番の要因は。お腹にいるココ太の心拍が、一度も下がらなかったからです。 ... 続きを読む


* 本日2度目の更新。コチラから→「出産記1。





■ ココ太 出産時の話。 ■




母子手帳に書かれた、

「微弱陣痛」「分娩停止」「回旋異常」。




数々の辛酸をなめながらも、

それでも5日間耐えられた、一番の要因は。


お腹にいるココ太の心拍が、

一度も下がらなかったからです。



母ちゃんは、

地獄のような痛みに、もがき苦しんでいると言うのに。


お腹の子は、そんなストレス何も感じることなく、

呑気に子宮の中に、居座り続けたというわけ。



力強く脈打つ、ココ太の心音を聞きながら。

その音に励まされながら、耐え抜いた5日間でした。




さて、「回旋異常」ですが。



赤ちゃんは、産まれる時、

子宮の中で回りながら、産道を通る。

(なんか適当な知識だが。)




そして骨盤の出口では、

赤ちゃんは、母ちゃんの背中の方を向く。

アゴを上げた状態で。






分娩台に仰向けで寝ている状態なら、下向き。



この状態から、頭が出て。

そこから更に体をねじって、全身が出てくる。


ココ太の場合、頭が「横向き」だった。

回りきれなかったんですね。


子宮の中で、赤ちゃんが、

斜めに止まっているのが、私にも分かった。


お腹の一部が、

ぼこっと斜め方向に突き出てたの見えたし。

(これが、ココ太の尻だった。)



私の体に比べて、大きくて、

回るスペースが足りなかったのか。

頭が、子宮口オーバーだったからなのか。

(身長:55センチ、体重:3850グラム、頭囲:35.8センチ。)



理由は定かではないが、

おかげで、なかなか出てこなかったのは事実。


最初、呼吸法だけで、

いきまないお産を目指してたのに、予定変更。


会陰切開、吸引分娩・・・。


先生が馬乗りになって、

お腹の上から、ココ太のお尻を押した。


いきんでも、いきんでも、出てこなくて。

5日間の陣痛で、私の体力は、限界を超えていたし。


最後の一いきみで出てこなかったら、

帝王切開になってたかもと、助産師さんに後から聞いた。



もし本当にそうなってたら、暴れてたかも知れないワ(笑)。


「だったら、

最初からそうしてくれればよかったのにっ!!」って。




あの時、もっと早い時点で、

帝王切開にしていた方が、安全だったんじゃないかとか。


普通なら、分娩停止の時に帝王切開するだろうとか。


いろんな人に、いろんなこと言われます。


実際、予定日を2週間も過ぎていた、

私の胎盤は、完全に石灰化し、羊水も濁っていた。


医学的に、どれが一番良かったのかなんて、私には分かりません。



ただ私は、このお産に、満足しています。

結果的に普通分娩で産めて、良かったと思う。



あんなに痛くて辛くて、

世の中の苦しみを一身に背負ったような気分になっていたのに。


産まれたばかりの子を、自分の胸の上に置かれた瞬間。



今までのことは、

全部、どうでもよくなった。



お前が元気なら、もう、なんでもいいよ。」と言いながら、泣いた。



そして、あのベテラン助産師さんが。


ほら、こんなに綺麗な、ピンク色の赤ちゃん。

あんなに大変だったのに、最後まであなたが笑ってたから。

赤ちゃんに、しっかり酸素を送って上げられたんだよ。

頑張ったね。ほんと偉かったね。


そう言いながら、私の手を握って、一緒に泣いた。


これまで何十年もの間、立ち会い続けて来たのに、

今更、お産で泣くなんて・・・。」と、照れ笑いしながら。



こんなに難産で産まれた子は、

体が、紫色になっていたりすることも多いそうだ。


でもココ太は、綺麗なピンク色の赤ちゃんで。

ああ、この子がちゃんと、一緒に頑張ってくれてたんだ。


頑張ったね、ありがとうね。」と言って、また泣いた。



私が出産時を思い返して、今も時々泣いてしまうのは、

この時の感動を思い出すからです。



妊娠して、当時住んでた家から、「歩いて行ける距離だから」

と言う理由だけで選んだ病院だったけど。


この助産師さんと先生に、出会えて良かった。




そっか・・・。

私、ずっと笑っていたのか・・・。


よく覚えてないな。

あんなに苦しかったのに、とんでもないわ・・・。



どんな、ドMだよ(´-ω-`)

(あれ・・・母ちゃん・・・。)





こうして産まれた、パタリロ顔の我が子は。




産まれながらにして、なんだかムチムチ。

髪もふさふさで、爪も伸びてる。

手や足の皮は、ふやけて剥けて。




立派な、過熟児です。
(吸引されたので、頭がちょっと伸びてます。)





うちは、みんな大きく産まれて来る。


ココ太が、3850グラムで。


王子は、4050グラム。

ゆうたんも、3900グラム。


一番小さいのが、

予定日9日前に産まれた、たんたん。

それでも、3700グラム。

因みに言うと、私は4200グラムで産まれてる。

ことぶきちゃんは、4000グラム。

弟は、4300グラム。


これは、やっぱり家系かな。

でかい赤ちゃんになる、家系。


ていうか、すげぇな、こころママ・・・(´-ω-`;)






あれから2年。今日で2才。

ココ太も、母ちゃんも2才。


変わることなく、ぷくぷくムチムチのままで育ったココ太。



あの日、カンガルーケアで初めて触れあった時から、ずっと。

母ちゃんの方が、ココ太に抱きしめてもらっている。




ありがとう。これからもよろしく。


大好きだ!ぎゅーーーっ!!







人気ブログランキング。

 ↓↓



「今日も見たよーー!」の足跡気分で、

ペチっとしてくださると、うれしゅうございますー。



■ ココ太 出産時の話。 ■7月22日。今日は、ココ太の誕生日ですー!2才!おめでとー!もう2年だ。早いね。ココ太が、2歳になって、改めて思い返してみる、出産の時。ココ太はね、超難産だったでございますよ。だからって、どうってことは無いのですが。難産だろうが ... 続きを読む



■ ココ太 出産時の話。 ■





7月22日。

今日は、ココ太の誕生日ですー!

2才!おめでとー!



もう2年だ。早いね。

ココ太が、2歳になって、

改めて思い返してみる、出産の時。


ココ太はね、超難産だったでございますよ。



だからって、どうってことは無いのですが。

難産だろうが安産だろうが、すべからく出産は大変。

痛いものは痛い!



私は、2年経った今でも、

思い出すと、たまに泣いてしまうほどです。



とりあえず、入院してから産むまで、5日かかった。


5日・・・。私の周りでは、最長記録です。



母子手帳には、

分娩時の特記事項として、


微弱陣痛」「分娩停止」「回旋異常

と、書かれています。




微弱陣痛と言うけど、

微弱」だから痛くないってワケじゃなくて。


通常、陣痛が起こると、

10分おきから、6分おき、3分、1分・・・と。

だんだん、陣痛の波が狭くなって、やがて出産へと向かう。


対して私の場合、10分~8分おきから間隔が縮まらなかった。

つまり、10分おきの陣痛が、一晩中続くわけです。

3日も4日もずーーっと。





入院中、どんどん衰弱していくサマが、

夫っとが撮影したビデオに、残っています。

(撮るな!そんなもん撮るなっ!)




入院二日目。まだご飯は食べられる。







3日目。泣き出す。


この日、促進剤で陣痛が1分おきになり、分娩台へ。

しかし、途中で子宮が収縮しなくなり、また間隔が空く。


結果、「分娩停止」。

開いた子宮口も閉じてしまい、個室に戻された。





4日目。顔は土色。死相が出てる。


もう話すことも出来ず、

この世の不幸を全部背負ってる感。


それでも襲ってくる陣痛。

もう、何十時間この痛みと闘っているのかも分からない。

もしかしたら、永遠に続くのかも知れない。




分娩停止になった次の日の、4日目朝。


私は、「帝王切開にして下さい!」と泣きついた。


いつ終わるかも知れない痛みが、もう限界だった。

なんでもいいから、この苦しみから、解放して欲しかった。


だけど、長老の助産師さんに反対される。


このベテラン助産師さんは、

ご自身が二人の子供を、帝王切開で出産されていて。


帝王切開の大変さや、産後の回復の違いなどを、

私に懇々と言い聞かせた。


私は、子宮口が全く開かなかったから、やむなく帝王切開だった。

でも、あなたは違う。

今、この痛さから逃れるためだけに、帝王切開はやめなさい。」と。



自分の安易な発想を、

見透かされてしまったことが、恥ずかしくなったけれど。



今日は子宮の回復を待って、明日またがんばろう。

と、言われた時には。



鬼かっ!!と思った。



すぐにでも産ませて欲しいと思っているのに、

またさらに1日伸ばす?


この痛みが、まだ24時間以上も続くってことか?


もう一人でトイレにもいけないほど、体力も無いし。

明日必ず産まれるっていう、保証も無いのに?


私にこれ以上、どう耐えろと!!




暴れたくても、暴れる力さえ残っていない。

なんかもう、半狂乱・・・。




それでも、その言葉どうり、

そこから更に丸1日、

絶望的に長く感じた時間、陣痛を耐えたのは。


助産師さんを、信頼していたからです。



彼女は、そこにいるだけで、その安心感からか、

陣痛の痛みが和らいでしまうほどの、カリスマ助産師。


医師は、夜通し私の陣痛に付き合って、

隣で一緒に、呼吸法までしてくれる、そんな先生。


そして、他のスタッフも。


この人達がそう言うのなら、もうそれに従おうと思った。



まぁ、実際のところ、

もうどうでもいい、なんでもいい」ってぐらい、

思考力も低下していたのですが・・・。






そして最終5日目の、

分娩所用時間は、14時間50分




長い苦しみの末、

3850グラムで産まれた我が子。


出産予定日から、

2週間遅れて産まれてきた、でかベビーは・・・。



パタリロ顔でした。




いやいや。

赤ちゃんは、産まれた時みんな、

パタリロガッツ石松か、どちらかなのよ。

(えーー・・・( ̄△ ̄;))






今はあんなに可愛い、ラブリーゆうたんも、

産まれた時は、ガッツだったもんね!ぷっ!





みなさんのお子さまは、どっちでした?

パタ派ガッツ派?( ´д` )

(決めつけんな・・・。どっちでもねぇわ。)





<つづく・・・。>






ココ太2才おめでとうのクリック♪

 ↓↓


ありがとうございますーっ!





■ ココ太1才11ヶ月 ■いったい、どんな夢を見てんだ・・・。夜泣きというより、うなされている。暑い夜や、まして熱がある時なんかは、怖い夢見ちゃうんだろうな。・・・・・・・ええっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)ももももしや、「母ちゃんがトイレに入って出てこない夢」とか? ... 続きを読む



■ ココ太1才11ヶ月 ■











いったい、

どんな夢を見てんだ・・・。




夜泣きというより、うなされている。

暑い夜や、まして熱がある時なんかは、

怖い夢見ちゃうんだろうな。






・・・・・・・ええっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)






ももももしや、

母ちゃんがトイレに入って出てこない夢」とか?






ヤダ何それ、愛されちゃって萌えー( ´д` )


泣いてる息子を見ながら、

なんか想像してニヤけてる人に、応援クリックしてあげよう。

 ↓↓



人気ブログランキング。


1クリックで10点入ります。
いつもありがとうございますーっ!!



子供服・子育てブログランキング ←よろしければ、コチラもクリックして下すって。